【3月最新】SEO特化型AIライティングツール2選!一気通貫でSEO記事を生成!

当ページのリンクには広告が含まれています。

がっつりSEO記事が作れるAIライティングツールってある?

こんなお悩みはありませんか?

ChatGPTに始まった生成AIブーム。

現在ではSEO記事作成やブログ記事作成など、コンテンツマーケティングに特化したAIライティングツールも数多く登場し、仕事で生成AIを活用する方も少しずつ増えてきています。

実際に、株式会社FIXERが23年10月に日本企業の経営者や管理職を対象としたアンケート調査によると、「生成AIを業務に利用している」という回答は21.9%ありました。(参照:生成AIの利用目的「情報収集」が40.6%でトップ。…2番目に多かった答えは?【経営者・管理職へのアンケート調査】 | ゴールドオンライン

ダニエル

逆に80%の方はまだ仕事で生成AIを活用できていない……。これ実はチャンスですよね

しかし生成AIブーム以前からSEOに携わっていた方は、使うSEOツールやSEO記事作成の工程はすでに確立しており、「今までのフローの中にAIライティングツールをどう組み込んだら良いか?」悩んでいる方も多いです。

そんな時はいっそのこと、SEO記事作成を一気通貫でできるAIライティングツールを使ってみるのがおすすめです。キーワード調査や競合調査、関連語を含んだ記事作成、コピペチェックなどをAIライティングツールに任せて、あとは人間が手直しという、まったく新しい工程でSEO記事作成を始めてみませんか?

今回は、それらを可能にするSEO特化型AIライティングツール2選を紹介します。

ツールの選び方やメリット・デメリットも紹介しているので、SEO記事作成にAIライティングツールを導入したい方はぜひご覧ください。

ダニエル

AIライティングツールのレビューサイト管理人ダニエルが徹底解説します!

なお、AI writing.techではおすすめのAI文章作成ツールを「無料で使えるAI文章作成ツールおすすめ10選!」で紹介しています。興味のある方はこちらもぜひご覧ください!

最新!

\無料のスライド作成AIツール/

は、AI画像生成とAIライティング機能を搭載したスライド作成AIツールです!

「AI画像生成」はテンプレート機能があるので、難しい指示文章を入力しなくても好きな画像が生成できます。

スライドのテンプレートも30万種類以上あり、独自性のあるスライドを秒速で作成可能です!

無料で使い始められるので、ぜひ一度お試しください!

\無料でAIスライドが作れる!/

目次

SEO特化型AIライティングツール2選【比較表】

SEO特化型AIライティングツール1選【比較表】
\迷ったらこれ!/
Transcope
トランスコープ
EmmaTools
エマツールズ
LLMGPT-4GPT-4
ブラウジング
KW分析
競合調査
関連KW挿入
誤字脱字
チェック
リライト
コピペ
チェック
薬機法
チェック
SEO
スコアリング
デザイン
文章力
生成
スピード
月額料金
(税込)
11,000円〜2,178円〜
無料
トライアル
4,000字14日間
SEO特化型AIライティングツール2選【比較表】

SEO特化型AIライティングツールおすすめ2選!

それではSEO特化型のAIライティングツールを解説していきます。

Transcope(トランスコープ):SEO対応!国産AI文章作成ツール

Transcope公式サイト
出典:Transcope公式サイト
特徴日本製AIライティングツール
SEO特化型の文章作成が可能
生成形式テンプレ型
本社所在国日本
無料プランあり
有料プラン月額11,000円〜
日本語対応完全対応
利用方法サイト(PC・スマホ)
Transcopeの概要

Transcope(トランスコープ)は、SEOに特化したAI文章作成ツールです。

競合調査やキーワード選定、タイトル・見出し・内容執筆など、SEOライティングが一気通貫でできます。

Transcopeでできることは主に以下の通り。

分析機能

・キーワード分析(関連キーワードの月間検索数も表示可能)

・URL分析(よく使われているワードやどのキーワードで流入しているか確認可能)

生成機能

・コンテンツ生成

・URLをもとにコンテンツ生成

・画像に記載の文章をベースにコンテンツ生成

・Google検索結果をもとにコンテンツ生成

コンテンツ生成では、入力したキーワードを分析してくれて、Google、Amazon、楽天、Yahoo!のサジェストから、文章に組み込むキーワードを提案してくれます。

ダニエル

AIが事前に学習している内容だけでなく、好きな文章をベースにキーワド調査して生成できるから、自分にとってしっくりくる文章が出来上がりやすいです!

コンテンツを生成する時は、以下の内容を設定できます。

オプション機能

・文章の雰囲気

・文字数

・参考情報

・生成コンテンツ数

コンテンツを生成するだけでなく、編集機能も充実しています。

編集機能

・一部リライト(共起語含む)

・全体リライト

・AIによる内部リンク提案

リライトでは、「文章を短くして」「文章を長くして」など、チャット形式で修正できます。

ダニエル

編集機能が充実してるところもTranscopeのおすすめポイントです!

文章チェック機能

・コピペチェック

・薬機法チェック

コピペチェックツールを別途契約する必要なく、Transcopeでコピペチャックまでできます。

ダニエル

本格的なSEOライティングをしたい方には、ぜひおすすめのAIライティングツールです!

無料プランでも4000文字まで利用できるので、SEOに特化したAI文章作成を体験したい方は、ぜひお試しください!

\SEO特化型AI文章作成ツール/

無料プランはクレジットカード登録なしで始められます!

EmmaTools(エマツールズ):SEO品質がわかるAI文章作成ツール

EmmaTools公式サイト
出典:EmmaTools公式サイト
特徴日本製AI文章作成ツール
SEO品質のスコアリングが可能
生成形式テンプレ型
本社所在国日本
無料プランあり
有料プラン月換算1,980円〜
日本語対応完全対応
利用方法サイト
EmmaToolsの概要

EmmaTools(エマツールズ)は、SEOライティングに特化したAI文章作成ツール。「GOOD DESIGN AWARD 2023」受賞、「ITreview Best Software in Japan 2022」TOP50受賞など、多くの受賞歴がある信頼性の高いAIツールです。

他のAI文章作成ツールと比較したおすすめポイントは、AIによる文章作成だけでなく、SEO上の改善点を提案してくれるところ。記事の網羅性や記事内のkw比率から、SEO品質をスコア化。どの文章をどう修正したら良いか提案してくれるので、リライトの時間を大幅に削減してくれます。

SEO品質チェック 出典:EmmaTools公式サイト

14日間無料でお試しできるのでぜひお試しください!

\SEO品質をスコアリング!/

14日間無料トライアル可能!

SEO特化型AIライティングツールの選び方

SEO特化型AIライティングツールの選び方

SEO特化型AIライティングツールの選び方を解説します。良さそうなAIライティングツールを見つけたら、導入前に以下の項目をチェックしてみてください。

日本語で入力・生成可能か?

国内外でAIツールが蔓延る現代において、AIライティングツールの選び方でまず大切なのは日本語に最適化されているかどうか。

日本語入力に最適化されていない海外のAIライティングツールは、まずプロンプトの入力に苦労します。たとえば、日本語入力時、漢字変換した後にEnterキーを押すと生成が開始されてしまうものがあります。

クレジットを消費するタイプのAIライティングツールでは、無駄にクレジットを消費してしまうわけです。

ダニエル

これ、気をつけていてもEnterキー押しちゃうんですよね。何度も無駄なクレジット消費を経験してます……

また、日本語での生成精度も必ず確認しておく必要があります。日本語で生成できることは大前提。SEOコンテンツの質を高め、生産性を上げるには、翻訳サイトで翻訳してる場合ではありません。無料トライアルで、日本語生成が可能か必ず確かめておきましょう。

SEOに没頭できる画面デザインか?

結論、SEOコンテンツ生成だけに特化したAIライティングツールがおすすめです。

テンプレート型のAIライティングツールは、豊富なテンプレートで様々な文章のお作法を踏襲してコンテンツ生成ができるのがメリット。テンプレートが多いのは万人向けではありますが、SEOコンテンツを作成するにあたり逆に煩わしく生産性を下げる原因になります。

SEOに没頭できるデザイン 出典:Transcope
出典:Transcope
ダニエル

上記はTranscopeの画面デザイン。SEOコンテンツ生成に没頭できるデザインになってます

一気通貫でSEOコンテンツを生成可能か?

AIライティングツールが登場した時は、文章生成できるだけで感動していましたが、すでに競合調査やKWの月間検索数調査ができるAIライティングツールが出てきています。

そのため、最低でも以下の調査・生成ができるAIライティングツールを選びましょう。

SEO特化型AIライティングツールの機能チェックポイント

  • KWの月間検索数調査
  • KWのSEOの難易度調査
  • ブラウジングによる競合調査
  • 関連KWを含んだ文章生成
  • コピペチェック

SEOコンテンツを作るための機能が深掘りされていないものだと、いままでのやり方にちょっとAIライティングツールを使って……という使い方になり、逆にコンテンツ生成スピードが下がってしまいます。正直、AIライティングツールに忖度して今までのSEOツールを併用しながらコンテンツ作りをしていくなら、従来のやり方でいい。

これからAIライティングツールをSEOコンテンツ作りに取り入れて生産性を上げたいなら、テーマは一気通貫。そのAIライティングツールでSEOコンテンツ生成を完結させることができるかどうかで判断しましょう。

無料で体験できるか?

AIライティングツールは多くの場合、無料でお試しできます。本格的に使い始める前に、まずは無料で使ってみてください。そこで、画面の見やすさ、機能の使いやすさ、生成精度を確かめることをおすすめします。

自然な文章で生成可能か?

いわゆる「AIっぽい文章」で生成されると編集に時間を取られます。そのため、以下のようなコンテンツが生成される場合は、生産性を下げる原因になるため注意が必要です。

AIっぽい文章例

・同じ接続詞を多用する

・内容の具体性に欠ける

・英語を直訳したような文章

・「〜です〜ます調」「〜だ、〜である調」の混在

ダニエル

実際にAIライティングツールを使いながら「どこを自分でリライトするか」決めていくのがおすすめです

SEO特化型AIライティングツールの導入メリット

SEO特化型AIライティングツールの導入メリット

SEO特化型AIライティングツールの導入メリットは以下の通り。

メリット
仮説検証スピードを上げられる!
外注費を抑えられる!
SEO特化型AIライティングツールの導入メリット

仮説検証スピードを上げられる!

AIライティングツールで文章執筆のスピードが上がれば、SEO施策の仮説検証のスピードも上げられます。

何が正解かわからないSEOの世界で重要なのは、自社メディアやブログの仮説検証。記事内に画像・動画を入れたほうが良いか?KWはどのくらい入れたら良いか?SNSとの連携をしたほうが良いか?など、SEO記事作成をしているそれぞれの方が(ある程度)の自信を持ってSEOに挑むには、仮説検証でどれだけの成果が出ているかが大切です。

しかし人間がSEO記事を執筆するには時間がかかります。

ダニエル

私のように外注ライターにも依頼せず独りで執筆している場合は、仮説検証に大量のリソースを割くことは難しいです……

そんな個人ブロガーもSEO特化型のAIライティングツールを使えば、SEO記事作成を自動化して自分の仮説検証スピードを上げることができます。

ダニエル

大企業が多くの人材にAIライティングツールを使わせてニッチキーワードでも施策を始めたら恐ろしい……。今が先行者利益のチャンスです!

外注費を抑えられる!

SEO特化型AIライティングツールを使えば、ライターに依頼する外注費を抑えることができます。

たとえば、1ヶ月に1記事5,000文字で10記事(計50,000文字)作成する想定で比較すると……

記事作成
方法
文字単価外注費(月額)AIツールとの差額
Transcope「Basic」0.22円11,000円
初心者
ライター
0.5円25,000円+14,000円
一般
ライター
1.5円〜3円75,000円〜150,000円+64,000円〜+139,000円
プロ
ライター
5円〜250,000円〜+239,000円〜
外注費とAIツール料金の比較
ダニエル

こう考えるとAIライティングツールの月額11,000円はものすごく安く感じます……

ちなみに、Transcopeの「Proプラン(月額38,500円)」なら1文字あたり0.154円で生成できます。

完全に文字単価の相場がバグってます。ただ、外注する側にとっては非常にお得。

今後は、AIライティングツールを使いこなせるライターが残るのか?AIが支配するのか?常に時代を先読みして行動していく必要がありそうです。

\SEO特化型AI文章作成ツール/

無料プランはクレジットカード登録なしで始められます!

SEO特化型AIライティングツールのデメリット

SEO特化型AIライティングツールのデメリット

一方で、SEO特化型AIライティングツールのデメリットは以下の通り。

デメリット
AIと役割分担する必要がある
記事品質を確認しないと順位が下がることがある
SEO特化型AIライティングツールのデメリット

AIと役割分担する必要がある

AIライティングツールを使う上で、決めておきたいのが「どこを自分でリライトするか?」です。

全てをAIライティングツールに任せるのは難しく、重要なところやこだわりたいところ(例えば、タイトルやアフィリエイトリンク周りの文章など)を決めておくとスムーズにSEO記事が作れます。

ただ、ここが時間のかかるところです。

AIライティングツールを使っていく中で、具体性の欠ける箇所を修正するなど、AIとの役割分担を明確にしておきましょう。

記事品質を確認しないと順位が下がることがある

SEOでは低品質記事は順位が下がる傾向があります。

実際に、AIで生成した文章をファクトチェックのみ行った状態で公開したところ、インデックスされてから数日で順位が下落してしまった経験があります。

AI生成記事の順位変遷 リライト後徐々に上昇
AI生成記事の順位変遷 リライト後徐々に上昇

一概には言えませんが、具体性の無さ、同じ表現を多用するなどの「AIっぽさ」が低品質と判断された可能性が高いです。

このことから、もはやAIで生成した記事を「ファクトチェックする」だけでは順位は上がらないことがわかります。

ダニエル

AI生成記事(原文ママ)が価値を持つ時代は来るのか…?人類は生成AIツールを使いこなせるのか…?文章自体の価値はどうなっていくのか…?今後の動向も注視していきたいと思います!

まとめ:AIライティングツールでSEOコンテンツ作りを効率化!

テクノロジーの進化を享受した人間が生産性を上げるのが世の常。今後、人間がAIライティングツールを使いこなすようになった先に何があるのか、非常に興味深いです。

今回はSEO特化型AIライティングツールを紹介しました。おすすめは今まで使っていたSEOツールの機能を包含したAIライティングツール。

今回紹介したAIライティングツールは無料トライアルで試せるのでぜひ一度試してみてください!

\SEO特化型AI文章作成ツール/

無料プランはクレジットカード登録なしで始められます!

ダニエル

最後まで読んでいただきありがとうございました

  • URLをコピーしました!
目次