文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリ5選!【2024年最新】

当ページのリンクには広告が含まれています。

チャット、メール、レポート、議事録、ブログ……。

自分の考えを伝える時に欠かせないのが文章を作る力。

しかし文章とひと口にいっても、メールやチャット、レポート、SNS投稿などそれぞれの“お作法”があり、日々の文章作成に困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリ5選を紹介します!

「テンプレートに入力するだけで、文書を作ってくれるサイト」や「チャット形式でAIと相談しながら文章を考えてくれるアプリ」など、日々の文章づくりをサポートしてくれるサイト・アプリの特徴を徹底解説しています。

文章を作ることが苦手な方はぜひご覧ください!

ダニエル

AIライティングツールのレビューサイト(当サイト)運営者ダニエルが紹介します!

目次

【比較表】文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリ5選!

【比較表】文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリ5選!

まずは、文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリを比較表にまとめました。2024年最新のおすすめサイト・アプリの特徴をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

スクロールできます
ツール名無料プラン有料プラン日本語対応利用方法公式サイト
\コンテンツマーケ/
Catchy
キャッチー
月額3,300円〜サイト登録はこちらから
\ブログ/
Rakurin
ラクリン
月額4,980円〜サイトラクリン公式
\SEO/
Transcope
トランスコ-プ
月額11,000円〜サイトCohesive
コヒーシブ
月換算15ドル〜
(約2,250円〜)
サイトCohesive公式
ChatGPT
チャットジ-ピ-ティ
月額20ドル
(約3,000円〜)
サイト
アプリ
ChatGPT公式
文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリの比較表

・海外ツールは「1ドル=150円」で計算しています。
・有料プランの「月換算」表記は、年額支払いを選択した場合の金額を12で割った金額です。

【2024年最新】文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリを解説

2024年最新の文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリ5選は以下の通りです。

ダニエル

それぞれの特徴を解説していきます!

文章を作ってくれるサイト 2つのタイプ

・チャット型……チャット形式で文章作成するタイプ。自由に生成できる反面、プロンプトに工夫が必要。

・テンプレ型……テンプレートを使って文章作成するタイプ。少ない指示で文章作成ができる。

Catchy(キャッチー):豊富なテンプレートでいろんな文章を作ってくれる!

Catchy(キャッチー)公式
出典:Catchy公式サイト
特徴ビジネス・エンタメ系の文章が作れる
140種類以上のテンプレートで文章作成可能
生成形式テンプレ型
無料プランあり
有料プラン月額3,300円〜
日本語対応完全対応
利用方法サイト(PC・スマホ)
Catchyの概要

Catchy(キャッチー)は、幅広いジャンルの文章を作れるAI文章作成ツールです。

Catchyのおすすめポイントは、豊富なテンプレートで、「メルマガの内容」や「キャッチコピー」、「SNS投稿文」や「広報用の文章」など、幅広い業務で使える文章が作れる点です。

「難しい話をわかりやすく説明」や「関連ワードを見つける」など、AIにアイディア相談もできます。

エンタメ系のAI文章作成も可能で、「忘年会を断る文章」や「忘れられない元恋人への連絡」などのテンプレートがあります。

有料のProプランでは、最新のWeb情報を反映したAI文章作成も可能です。

ダニエル

まずは無料でも始められるので、多様なテンプレートを確認してみてくださいね!

\豊富なテンプレで文章が作れる!/

Rakurin(ラクリン):ブログ記事を作ってくれるサイト!

Rakurin(ラクリン)公式サイト
出典:Rakurin公式サイト
特徴ブログ記事作成に特化した国産AIツール
最新のGPT-4 Turbo搭載!
キーワード選定から内容執筆までAIがサポート
生成形式テンプレ型
無料プランあり
有料プラン月額4,980円〜
日本語対応完全対応
利用方法サイト(PC・スマホ)
Rakurinの概要

ラクリンは、ブログ記事を自動で作成してくれるAI文章作成ツールです。

ブログ記事を作成するためのテンプレートが用意されているため、AIに複雑な指示(プロンプト)をする必要はありません。

作成したい文章のキーワードを入力するだけで、AIが記事のタイトル・構成・内容を作成。ブロガーは書く負担を大幅に軽減できます。

ラクリンのおすすめポイントは、自分ひとりでは思いつかなかった構成や表現をAIが提案してくれるところ。

ダニエル

私のような孤独なブロガーにもおすすめです……!

ブログを書いてて思考停止になった時にも、キーワードを入力するだけで、ラクリンが記事のアイディアを生成してくれます!

「思考停止→ラクリンで下書き生成→執筆」のサイクルで、手が止まらないからブログを続けるきっかけにもなります!

ダニエル

無料プランでも毎月1記事は作れるので、ぜひ使ってみてください!

\ 最新のGPT-4 Turbo搭載!/

無料プランはクレジットカード登録なしで始められます

ラクリンを実際に使った感想は「Rakurin(ラクリン)レビュー」でまとめています。興味のある方は、こちらもぜひご覧ください。

Transcope(トランスコープ):SEO対応!国産AI文章作成ツール

Transcope公式サイト
出典:Transcope公式サイト
特徴日本製AI文章作成ツール
SEO特化型の文章作成が可能
生成形式テンプレ型
本社所在国日本
無料プランあり
有料プラン月額11,000円〜
日本語対応完全対応
利用方法サイト(PC・スマホ)
Transcopeの概要

Transcope(トランスコープ)は、SEOに特化したAI文章作成ツールです。

競合調査やキーワード選定、見出し・文章作成など、SEOライティングが一気通貫でできます。

無料プランでも、4000文字まで利用できるので、SEOに特化したAI文章作成を体験したい方は、ぜひお試しください!

\SEO特化型AI文章作成ツール/

無料プランはクレジットカード登録なしで登録できます!

Cohesive(コヒーシブ):料金が安い!150種類以上のテンプレートで文章を考えてくれる!

Cohesive AI公式サイト
出典:Cohesive AI公式サイト
特徴150種類以上のテンプレートが使える
画像生成もできる
Web検索で最新情報を参照して生成できる
生成形式テンプレ型
無料プランあり
有料プラン月換算15ドル〜
(約2,250円〜)
日本語対応あり
利用方法サイト(PC・スマホ)
Cohesiveの概要

Cohesive(コヒーシブ)は、インド発のAI文章作成ツールです。150種類以上のテンプレートで、さまざまなAI文章を作成できます。スマホアプリはありませんが、PCとスマホサイトで利用できます。

Cohesiveのおすすめポイントは、機能が豊富な点です。ブログ記事やX(旧Twitter)の文章など、Cohesiveのテンプレートを使えば秒速で文章作成できます。

テンプレートの多さだけでなく、画像生成や文章を読み上げてくれる機能もあり、文章作成の幅広いニーズに応えてくれるAI文章作成ツールです!

キーワードからWeb上のリサーチを行うことも可能で、リンクを参照したAI文章作成ができます。

有料プランは月換算15ドル〜(約2,250円)から使えて、他のサイト・アプリと比較しても格安で文章を考えてもらえます!

\Web検索で文章を参照生成!/

ChatGPT(チャットジーピーティー):チャット形式で、一緒に文章を考えてくれるサイト・アプリ!

OpenAI公式
出典:OpenAI公式サイト
特徴ユーザー数1億越え
入力次第で様々な使い方ができる
生成形式チャット型
無料プランあり
有料プラン月額20ドル
日本語対応あり
利用方法サイト・アプリ
ChatGPTの概要

ChatGPTは、言わずと知れたチャット型のAI文章作成ツールです。

ChatGPTの特徴は、自由なプロンプト(入力)で、自由に文章を作成できる点です!

書いてもらいたいことを入力すれば、すぐにAI文章作成ができます。PCでもスマホでもサイトにアクセスすれば使えます。さらに、スマホアプリでサクサク使えるのもおすすめポイントです。

有料版のChatGPT Plusでは、ブラウジング機能やプラグイン機能、画像生成機能など、最新の機能を使えます。

文章を考えてくれるサイト・アプリの注意点

文章を考えてくれるサイト・アプリの注意点

文章を考えてくれるサイト・アプリを使用する際に注意すべきことをまとめました。

  • 必ずファクトチェックをする
  • 機密事項は入力しない
  • AI文章作成ツールの規約を遵守する

必ずファクトチェックをする

AIを利用した文章を考えてくれるサイト・アプリは、その性質上間違った内容を作成する可能性があります。AIに作ってもらった文章は必ずファクトチェックしましょう。特に注意しておきたい点は下記2つです。

  • 内容に誤りはないか?
  • 最新の情報か?
ダニエル

AIに作ってもらった文章をそのまま公に公開するのは危険です。必ずファクトチェックしてから公開しましょう

機密事項は入力しない

AIを利用した文章を考えてくれるサイト・アプリによっては、今後の品質向上のために「こちらが入力した指示文章」や「AIで作成した文章」の情報を収集するツールもあります(この場合、各AIツールの利用規約に記載があります)。個人情報や会社の機密情報など、外部に知られたくない情報の入力は避けたほうが良いでしょう。

ダニエル

もっとも、インターネットにつながっている時点で流出の可能性はあります。生成AIツールを使用する場合は、機密情報の取り扱いには十分注意してください

文章を作ってくれるサイト・アプリの規約を遵守する

AIを利用した文章を考えてくれるサイト・アプリでは、有害コンテンツや権利侵害したコンテンツの作成が禁止されています。こちらも、各AIツールの利用規約やプライバシーポリシーに記載があるので、必ず確認するようにしましょう。

まとめ:文章を作ってくれるサイトで文章を洗練させよう!

文章を作ってくれる(考えてくれる)サイト・アプリは、自分では思いつかなかった表現を提案してくれます。その反面、適さない文章が生成されることもあります。

AIが生成した文章を取捨選択するのは、人間の仕事です。

そして、この「文章のディレクション」を行うなかで、文章力を強化できると考えています。

特に文章に自信がない方は、今回紹介したサイト・アプリを使って文章を洗練させてみてください!

ダニエル

最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次